社労士は労働や保険分野のスペシャリスト

社会保険労務士は、労働や保険分野の問題を扱う国家資格です。通称では社労士とも呼ばれ、個人や法人を対象に、労働や保険分野に関する手続き代行や相談さらにコンサルタントなど、幅広く多様な業務を行っています。また社労士の中には大学や専門学校などで、教員や講師といった教える立場の人もいます。

社会保険の手続き業務

社労士の仕事で一般的にも馴染み深いのが、社会保険の手続き業務でしょう。年金をはじめ健康保険や雇用保険さらに労災保険など、社会保険に関する様々な手続き業務を行います。従業員を多く抱える企業等の法人では、社労士へアウトソーシングすることで、煩雑な手続き業務から解放され、事業を効率化できるメリットがあります。

給与計算をはじめとする労務管理

企業等の法人では、従業員の給与計算をはじめ就業規則の制定や労働問題のトラブル対策など、様々な労務管理を行わなければなりません。直接会社の事業とは関係ないため、企業によっては経営を圧迫するケースもあります。また労働についての法律や制度について、必ずしも精通した従業員がいるとも限りません。こんな時には社労士が大活躍。単に給与計算だけでなく、賃金台帳や労働者名簿の作成または整備、さらに人件費の集計などトータルに行う社労士の事務所もあります。

企業内で発生する労働問題に対処するのも、社労士の仕事です。例えば従業員の服務規律違反の他、パワハラやセクハラ、不当な人事異動や有給休暇の消化の仕方まで、雇用主と従業員それぞれの立場から、トラブルへの相談や指導を行うことが可能です。

仕事のことで困っている場合には、渋谷の社労士に相談するのがおすすめです。ここでは法律に則った適切なアドバイスをしています。