法人向けデビットカードを開設

会社でデビットカードを作成すると、社員の決済が明瞭になるだけではなく、経理業務の簡略化など、様々なメリットを得られます。法人口座を保持している場合には、申請から発行までをスピーディに行なうことも可能になり、必要なタイミングですぐにカードの発行を行なうことが可能です。クレジットカードのように、審査に手間が掛かっていくこともなく、申し込んですぐにカードの発行を受けることができます。

クレジットカードの申請時には、登記簿謄本の提出や、決算書の用意など、煩雑な手間が伴うものです。デビットカードであれば、Webからの申込みを行なうだけで、すぐにカードの発行を行えます。社員に持たせるにあたっても、利用限度額の設定を行えますから、使いすぎを気にすることもありません。決められた予算内で必要経費の精算を進められるのです。

デビットカードを保持することで業務の効率化が可能

業務活動で必要になる経費をカード払いにすることで、会社全体の業務効率化を実現することができます。出張の多い会社などでは、社員が出向く前に、経理に仮払い申請を行なったりする必要も生じますが、デビットカードがあることで、出張にあたり手間が生じることがなくなります。出張だけではなく、会社で使う備品の支払いでも、カード払いを使って対応が可能になりますので、経理担当者が不在なタイミングであっても、柔軟な対応を行えるのです。カードの加盟店であれば、クレジットカード同様に世界中で活用することが可能です。

法人のデビットカードは申し込んだからといって、すぐ手元にカードが届くわけではありません。ある程度の日数が必要になるので、どのくらいの時間がかかるのかを確認し、納得した上で申し込むことが大切です。