住まいのトラブルとは?

住まいのトラブルに困っている人はいませんか?毎日安心して生活するためには、住まいのトラブルを早めに解決するべきです。近隣とのトラブル、土地の境界問題、住宅の不具合、そして工務店とのトラブルなど、住まいのトラブルは意外にたくさんあります。一般の人が解決するには難しい問題なので、専門家に相談すると良いでしょう。

弁護士に依頼するまでの流れ

弁護士に相談したことがない場合、どのような流れで弁護士に依頼したらいいか分からない人が多いのではないでしょうか。まずは弁護士探しをしてください。住まいのトラブルを相談するなら、住宅系案件に詳しい専門の弁護士を選ぶと良いでしょう。自分で弁護士事務所を探してもいいですが、地域の弁護士が所属する弁護士会に問い合わせてみるのもおすすめです。住まいに関する問題を受付している事務所の中には、弁護士だけではなく建築士も一緒に相談に乗ってくれるところもあるようです。

弁護士が決まったら、法律相談の予約を取り、当日持参する資料をまとめましょう。有意義な相談にするために、自身が持っている情報や証拠をしっかり準備しておくことをおすすめします。最初の法律相談は、無料となっている事務所が多いようです。限られている時間の中で、必要な情報を弁護士に確認してもらい、対応方法や金額面の話をします。弁護してもらうと決めたら、その弁護士と契約を結びます。相談した日に契約する必要はないので、複数の事務所と話をして自分が納得した弁護士に依頼しましょう。

弁護士保険としてミカタを活用する事ができます。近隣トラブルや賃貸トラブルの際の弁護士費用の負担を軽減する事ができます。