遺産相続の問題はプロフェッショナルな法律家へ

自分たちは中流家庭なので遺産相続で、家族や親戚が揉める事はないだろう、こういった風に考える家長の方々がいます。温厚な家系であれば、遺産をめぐって親族間で激しい対立が起きにくいでしょう。ただ中流の家庭だと自負していても、改めて調べてみると数々の財産を持っているケースは多いです。不動産や郵便貯金、株式投資や美術品や骨董品や別荘など、こういった資産もまた財産分与の対象となります。

多種多彩な財産が残されていると、親族の方々がどのように分割すべきか困ってしまいます。平等に亡くなった家長の財産を分割したいと思っても、資産の種類によってはなかなか平等に分与出来ないものがあります。自分が亡くなった後、親族に迷惑をかけたくない、そう感じている年配の方々が、積極的に弁護士に相談を行っています。家長の方の思いを遺言書に、正確に反映させるためには法的効力を正しく帯びるためのフォーマットが必須です。弁護士の協力のもと、元気な間に遺産の課題をクリアしておけば、家族円満に繋がります。

隣人トラブルに困った時は弁護士に相談を

マンションやアパートといった住まいは、お隣同士の距離がどうしても近くなります。また、上の階の騒音が物理的に響きやすく、騒音による不眠やストレスに悩まされる事も多いです。騒音は隣人トラブルの引き金であり、いわゆる被害を受けた側が丁寧に説明しても、騒音を出す方々には受け入れられない事がほとんどです。弁護士にトラブル相談をすれば、法律家視点から的確なアドバイスを受けられるかもしれません。

mikataとは、弁護士に相談をしたり、依頼をした際に発生する料金を補償する保険です。相続問題や離婚問題、交通事故など、幅広い分野を補償している保険です。