いつから通ったら良いのか

中学校3年生になると、高校受験をする人が多くなります。高校受験をするときには学習塾に通う人が増えてきます。中学校2年生の終わりの段階でまだ学習塾に入っていない人は、一体いつから入会したら良いでしょうか。基本的に、中学校2年生の終わりから3年生の初めにかけて入会する人が多い傾向にあります。早めの受験対策を始めたい人は、この時期に入会する可能性があります。私立高校によっては、中学校3年生の1学期の成績が合否に影響があることも1学期から入会する理由になるでしょう。

また、中学校3年生の夏休み以降から入会する生徒も少なくありません。夏休みは、今までの学習内容の総復習の時期になります。しかも、運動部に入っている生徒の多くは夏休みの間に引退するため、時間ができることも入会する理由の1つと言えるでしょう。夏休みが終わってから入会する生徒もいるものの、短期間で復習を行わなければいけないためたくさんのコマ数をとらなければならないこともあります。

講習の費用はどれぐらいになるか知っておこう

学習塾に入る場合には、通常授業の料金を毎月支払う必要があります。ただ、高校受験になると夏期講習や冬期講習等の費用を別に支払わなければならないところが多いです。そのため、塾に入会する前の段階で、講習会の費用はどれぐらいになるか確認をしておいた方が良いでしょう。学習塾によっては最低限受講しなければならないコマ数が決まっているところもあるため、入会する前に担当の先生から聞いておくことが重要になります。それ以外には、夏休みや冬休みを利用して合宿に参加しなければならないところもあるでしょう。

学習塾といってもどこも同じと言うことではありません値段はもちろんのこと、どういった進学先があるのか、生徒に対しての接し方はどうなのかなど様々な面から見ていき選択することが、重要です。