社会労務士が専門にしていることって?

社会労務士の仕事内容を正確に答えられる人はあまり多くないかもしれません。社会労務士は弁護士をはじめ司法書士、税理士、行政書士、土地家屋調査士、弁理士、海事代理士を合わせたいわゆる“8士業”の一つです。資格は国家資格で、業務独占資格となっています。専門とするのは労働基準法や労災保険法、健康保険法、労働契約法といった主に厚生労働省が管轄する、働く人に必要な法律に関することです。

社会労務士の仕事内容とは?

例えば、一般的な企業での仕事(依頼も含む)では、労働上のトラブルやハラスメント問題、就業規則やその作成に関する相談、賃金・退職金・年金制度を構築するといった会社運営の根幹とも言える、働く人を守るための仕組みづくりや問題解決が主な仕事です。ハローワークや労働基準監督署、年金事務所などに行政協力することもあります。また、個人からの依頼で、労働に関する相談を受けることも社会労務士の仕事の一つです。

ブラック企業かも??困った時の強い味方

インターネットが普及して、様々な情報を簡単に手に入れられるようになったと言っても、労働法や雇用に関する専門知識を理解し、活用するといったことは簡単にできるものではありません。もし自分が働いている会社がいわゆるブラック企業だったら…そんな時相談にできるのが社会労務士なのです。待遇の改善など労働交渉にはそれなりの専門知識が必要です。何もわからないまま泣き寝入りしなくて済むように専門家として交渉をしてくれます。企業と労働者の橋渡し役となる社会労務士は現代社会にとって大切な役割を持っていると言えるでしょう。

法令の改正や社内で発生したトラブルに対応するため、定期・不定期に社会保険労務士の就業規則のメンテナンスが必要です。