通信制高校とはどんなところ

通信制高校とは仕事をしながら、または昼間は他のことを目指して頑張っている人が勉強する高校のことで、夢と勉強を両立したい人に向いている学校です。通信制高校のなかには、通学しなくてもよい学校もあります。通常の学習はeラーニングを活用して、スクーリングのみを合宿に参加して必要単位を取る方法です。

通信制高校でも資格取得が可能です

通信制高校には高卒免許だけでなく、専門課程を専攻することで夢や目標に最短コースでたどり着ける勉強法があります。全日制の普通高校では学べない専門的な勉強や実習を積んで、より高度な知識を取得できます。

通信制高校のメリットを知ろう

通信制高校は国から就学支援金が出るので全日制の普通高校に比べると学費が安くなります。転入や編入は随時受け付けていますし、不登校の生徒でも編入可能です。その場合、編入前に取得した単位はそのまま継続されます。自由に時間割やカリキュラムを決めることができるので不規則なバイトでも対応できます。通信制高校では卒業までに74単位を修得すれば留年することはありません。何といっても高卒資格が得られるのが魅力です。

通信制高校のデメリットもありますよ

通信制高校は基本的には自学自習です。レポートも教科書を見ながら自分で作成しなければならず、勉強時間も自分で工夫する必要があります。全日制高校や定時制高校と違って人と一緒にいる時間が少ない。そのためにお互いのコミュニケーションが取りにくいことが多々発生します。先生もそのことをわきまえて一人ひとりについて積極的に話しかけてくれているようです。

通信制高校を名古屋で探すなら、スマホやタブレットを使って学習する通信制高校はどうでしょうか。全国どこからでも入学出来ておすすめです。