今話題のイデコ(iDeCO)とは

iDeCO(イデコ)とは、公的年金を補完する一人ひとりの「年金」のことで、たくさんのメリットを持った、国が創設した「個人型確定拠出年金」制度のこと。「個人型確定拠出年金」を略してiDeCO(イデコ)と呼ばれています。60歳までに、毎月一定額を出し、その掛け金を使って希望の金融商品(投資信託・定期預金・保険)を選択して運用する制度で、老後の資金を自分で作るためのもの。運用した資産が、掛け金より少なくなるか、多くなるかは、自分の投資判断次第という、メリットも多いが、デメリットも生じる制度です。

iDeCO(イデコ)のメリットは

iDeCO(イデコ)最大のメリットは住民税や所得税が軽減されること。iDeCO(イデコ)で積み立てた掛け金は所得控除され確定申告を行うと住民税や所得税が戻ってくるのです。さらに期間中に得た利益に税金がかからないのも魅力。運用で得た利益に税金がかからず運用にまわせるので、さらに利益を生むという非常にメリットの大きな制度といえます。さらに掛け金も5,000円からで手軽にはじめられるのも魅力。資産運用が初めての方も安心です。

iDeCO(イデコ)のデメリットは

iDeCO(イデコ)のデメリットは、60歳をすぎるまで掛け金や利益が引き出せないこと。また、途中解約もできないので、はじめるには覚悟が必要です。口座の開設、維持にもお金がかかるのでできるだけ手数料の安い銀行を探すことがポイントになります。

サポート充実のiDeCO(イデコ)

iDeCO(イデコ)はサポートが充実。iDeCO(イデコ)ナビでは深夜や土日でも、コールセンターであなたの困ったを解決できます。
老後の資産を自分で作るには、サポートの充実は必須。間違った取扱いをしないよう、サポート体制を細かくチェックしましょう。

iDeCOは個人型確定拠出年金の愛称で、老後の資産づくりに大変役立ちます。何故なら多彩な税制優遇制度が導入されており、そのメリットを享受しながら個人レベルで老後の資金を蓄えることができるからです。