現物取引や為替FXとの違いとは

資産運用をするときに日本では為替FXや現物取引が用意されています。またビットコインFXと呼ばれるものもあるので違いを知っておくといいでしょう。
まずビットコインFXは最大で25倍ものレバレッジが適用されます。少ない証拠金でもそれなりの取引ができるので使い勝手がいいです。一方現物取引は元手の範囲内となっています。現引きはビットコインFXでは適用されず損益のみのやり取りで展開し、買いや売り方直接注文も可能です。現物取引は仮想通貨の売買を行い買いからのみ注文ができる仕様をしています。
基本的に双方は市場が違っていて1BTCあたりの価格も違う場合があるので注意しておくといいでしょう。
為替FXはオープン時間が国内だと9時から17時まで、ビットコインFXは24時間自由に使えます。価格変動は為替FXだと緩やかですがビットコインFXだと激しいので、上手くいけば大金を獲得できるチャンスが高いです。

専門用語を理解しておくと便利

ビットコインFXでは専門用語が用意されています。知っておくと取引もしやすいので理解しておくといいでしょう。ロスカットはビットコインFXで損失をしたときに取引所が決めた水準に達したときに適用されるものです。これは損害が膨らむことを考慮した保険となっています。
スプレッドは買値と売値の差額を指すもので、スプレッドが広いものほど手数料も大きくなる傾向です。
レバレッジにかかる手数料をスワップ手数料と呼び、取引所により設定されている期日に発生します。

ビットコインでFXとは仮想通貨ビットコインを使用した証券取引です。24時間365日いつでも誰でも気軽に始められるのが魅力ですが、値動きが激しく、タイミングを誤ると大損、という危険性もあります。