拠出者自身が掛け金の運用方法を決定します

個人型確定拠出年金は、近年注目を集めている新しい年金制度です。これまでは加入者が拠出した掛け金を年金の運営者が預かって運用し、将来においてあらかじめ設定された金額の年金を支払う確定給付型年金が一般的でした。一方の確定拠出型の年金では月々の掛け金のみがあらかじめ決められており、掛け金の運用については拠出者自身が決定します。将来受け取ることができる年金の額は運用の結果次第となりますので、上手に運用すれば掛け金の2倍や3倍の年金を受けとることが可能になるのです。一方で運用に失敗してしまうと、掛け金が減ってしまう元本割れの可能性があります。メリットとデメリットをしっかりと理解した上で加入することが必要だといえるでしょう。

税制上のメリットが大きな制度になります

個人型確定拠出年金の月々の掛け金は5千円以上で、千円単位で自由に設定することができます。掛け金の上限は自営業者などの場合には最大6万8千円、サラリーマンなどの場合にはそれぞれの状況に応じて最大で1万2千円~2万3千円となります。個人型確定拠出年金のメリットとしては、運用期間中は運用益(値上がり益)に税金がかからないことと、掛け金が社会保険控除の対象として認められることがあげられます。一方で60歳に達するまでの期間については、中途解約ができないというデメリットがあります。税制上のメリットが大きな制度となっていますので、資産運用を希望する人は個人型確定拠出年金を積極的に活用してみてください。

個人型確定拠出年金には税制上のメリットがあります。積立金額が所得控除の対象となるので所得税・住民税が節約でき、運用利益が非課税扱いとされ、受け取り時には公的年金等控除・退職所得控除の対象となります。